2016年08月25日

お詫びとお知らせ。

かよです。

数年ぶりの書き込みとなります。

久方ぶりにアクセスを確認してみたところ、いまだに当ブログにアクセスが100/day以上あり、驚くと同時に申し訳なく思っています。

すでに当ブログは4年以上前に閉鎖しておりますので、これ以上コメントやTBを受け付けることは一切ございません。大変恐れ入りますが、ブックマークやリンクなどを消去していただければ幸いです。

なお、新しいブログは諸事情によってここからはリンクしておりません。もし、ブログのURLを知りたい場合は私のYahooメールアドレスをご存じであれば、そちらにご一報いただければお教えいたします。
(ただし、携帯メールからの場合は一切返答しませんので、悪しからずご了承ください)
posted by かよ at 20:19| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

更新終了のお知らせ

大変にご無沙汰しております。

ブログの更新が1年近く滞っていて申し訳ございません。
いろいろ考えた結果、当ブログの更新を終了することにいたしました。
(ログは消さないでおきます)

長らくお世話になりました。
ひょっとしたらどこかでひっそり再開するかもしれませんが…多分ここからリンクすることはないと思います。



posted by かよ at 17:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

ありがとうございました! (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ ありがとうございました!
「あなたのブログペットに、一言どうぞ!」
譲、今までありがとうね。ずっと大好きだから。忘れないから、譲のこと。
posted by かよ at 06:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPet&マスコット | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

譲くんとお別れなんて〓

かなり長い間ネット落ち気味でした。

先ほどパソコンにたまってた〓を見て絶句。
ブログペットが終了なんて…〓
可愛い譲くんとももうじきお別れなんですね。
posted by かよ at 19:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯からの投稿 | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

両国界隈散策−江戸東京博物館→横網町公園(東京都慰霊堂)→旧安田庭園→国技館(5月3日)

折から開催の「手塚治虫展」を観に「江戸博」に行ってきましたが…恐ろしく混んでた…。(まあ休日だし、手塚先生は偉大だから当然ですね)
それでも貴重な生原稿など珍しいもの、興味深いものなどいろいろ観ることができました。(「ルードウィヒ・B」などが未完に終わったことがつくづく惜しい…。先生の作品では「火の鳥」が一番好きだけど、これも未完だった…)
一通り展示を観たあと、ミュージアムショップ(手塚先生のコミックスなどはもちろん、Tシャツなどのグッズも一杯)に行ってみて、あるグッズに目を留めました。

 ブラックジャック名言集トイレットペーパー(色はブルー)でした。
ちなみに「ピノコ」語のペーパー(ピンク色)もあり。(吹きだしそうになるのを必死に堪えた)

「江戸博」の近くには「横網町公園」や「旧安田庭園」など、名所がいくつかあります。いい機会なので、回ってみることにしました。

「江戸博」脇の小道を「三重塔」風の建物を目印にして歩いていくと、わりとすぐ「横網町公園」に到着します。花壇に彩られた美しいモニュメントが印象的で、緑豊かな落ち着いた雰囲気の公園です。
ここは「陸軍被服廠跡地」…かつて関東大震災のときにここだけで3万8千人もの方々…旧東京市全体の全犠牲者の約3分の2に当たるという…が亡くなってしまった哀しい歴史のある場所です。先ほどの「三重塔」は「東京都慰霊堂」の納骨堂で、震災の犠牲者の他に、「東京大空襲」で犠牲になった方々の遺骨を納めているとのことです。私も厳粛な心持ちで、ご冥福をお祈りしてきました。

「横網町公園」と道路を隔ててほぼはす向かいには、「旧安田庭園」があります。旧安田財閥の祖である安田善次郎氏の遺志により寄付された、江戸期の大名屋敷の庭園だった公園で、「心字池」といわれる池を様々な種類の樹木と起伏に富んだ散策路がゆったりと廻っています。
漣が初夏の陽射しに煌めく池には鯉や亀が遊び、池の中に浮かぶ小島に一羽の白鷺が憩う姿は一幅の絵画のようでした…背景に「ド×モ」の馬鹿高いビルさえなければ。(殺風景にも程がある)

「国技館」近くに来ると、本場所を来週に控えているだけあって沢山の色鮮やかな力士のぼりがはためいていました。何やら国技館に入っていく人が多くいたのでつられて入ってみると、「両国にぎわい祭り」のメイン会場の一つになっていたようです。
相撲の街・両国に相応しい「ちゃんこ」コーナー(国技館会場では立浪部屋の若い衆が出してたそうな。私は生憎空腹ではなかったので食べられなかったけど)があったし、国技館内に立ち入れて、様々な優勝賞品や副賞やらトロフィーやら優勝旗やら、今までテレビ画面でしか観られなかったものをいろいろ観ることができて、とても楽しかったです。
3日の日はもう少し早い時間に国技館に行けたら、あの「ドンブリ王子」こと「山本山関」のイベントがあったらしいので、ちょっと残念でした。

両国駅から電車に乗る前に、駅構内に飾られている「長谷川」関(現秀ノ山親方、関脇で優勝しながら大関昇進はならなかった)及び「三重ノ海」関(現武蔵川理事長)の優勝掲額を見上げました。漠然と想像していたのより遙かに大きく、二つとも実に立派で風格のある額でした。
posted by かよ at 20:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。