2009年08月22日

第12回世界バレエフェスティバル 特別プロ <オマージュ・ア・ベジャール>

<第一部>


「ルーミー」 音楽:クドシ・エルグネル

高橋竜太、平野玲、松下裕次、氷室友、長瀬直義、横内国弘、
小笠原亮、宮本祐宜、梅澤紘貴、中谷広貴、安田峻介、
柄本弾、佐々木源蔵、杉山優一、岡崎隼也、八木進


「ザ・カブキ」より由良之助のソロ 音楽:黛 敏郎

高岸直樹


「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」 音楽:クイーン

エリザベット・ロス


「鳥」 音楽:マノス・ハジダキス

木村和夫


「アダージェット」 音楽:グスタフ・マーラー

ジル・ロマン



<第二部>


「バクチIII」 音楽:インドの伝統音楽

シャクティ:上野水香
シヴァ:後藤晴雄


「さすらう若者の歌」 音楽:グスタフ・マーラー

ローラン・イレール、マニュエル・ルグリ


「ボレロ」 音楽:モーリス・ラヴェル

首藤康之

平野玲、松下裕次、長瀬直義、横内国弘

偉大なるベジャール氏へのオマージュとして相応しい、レベルの高い公演でした。
プログラム内容にも工夫があって、特に前半部分、ジルが進行役となって一続きの作品として、最後に彼自身が踊る圧巻の「アダージェット」で締めくくる構成が。

そして、最後のカーテンコールで、モニターに映し出された在りし日のベジャール氏の登場…。生前「バレエ・フォー・ライフ」などで観た姿を重ね合わせて思わず涙がボロボロ…です。(反則だ、と思いながらも泣いてしまった)
posted by かよ at 11:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ&ダンス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126224764
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック